節約に大切なこと

節約は苦しい。と言う方がたくさんいらっしゃいます。

それはなぜかと言うとお金を「使う」ことに慣れてしまっているからです。

お金は当然使えば減ります。使わなければたまります。

これはすごく単純であり何よりもの真実です。

しかしこれをわかっていても人間は慣れからなかなか抜け出せず、お金を使うことをやめられません。

まず、節約や貯金をしたいなら心を整えることです。

心が整っていないといざ節約を始めようとなっても苦しくて続きません。

そこで心を整える方法は、自分を見つめ直し、自分がこれからどうなりたいか?貯めたお金で何がしたいのか?10年後自分はどうなっているのかを考えることです。

そうすれば次第に未来を見据えて行動していきます。

未来や希望がない人はまず貯金や節約はできません。

なぜなら「今使っておかないと」と無意識に頭の中で考えてしまうからです。

今よりも未来、そして夢のため誰かのため。こう思い行動すると人は幸福感に包まれて目標を達成することができるのです。

どうせ節約や貯金をするならば楽しい思いや未来への期待も含め気持ちよくお金を貯めた方が楽なはずです。

しかし、生活には一定のお金が必要ですからあまり無理な節約はお勧めできません。

節約は許容範囲内で。