ものは考えよう?

節約に苦闘しながらある日ふと、マンションのチラシを眺めながらこう思いました。

「数え方を変えてみる」といいのかもしれない。

1円が100個で100円だとなかなか果てしないがマンションだと桁が外れているから考え方を外しやすい。

チラシを見ながら「一万円札が3000枚あればあれが買える」。

まあ維持管理費は除いた本体価格部分だけではあるものの、とにかく「3000枚」。

そう思うと途端に現実味を帯びてきます。

こうして目の前の一万を使わずに預貯金口座に入れる日々がすんなり始まりました。

とにかくこの紙が3000枚ありゃいいわけだ、と、ここまで単純ですと暗示もかけやすいのです。

ついでにそうやって全部を「そもそもの数え方を変えてみた」ところ、これがなかなか具合がよい。

一円玉を侮るものには一円になく結果が待っていますがあれを金属のアルミニウム現物1gだと思う、などをしていくわけです。

ただし重大な落とし穴もあることはあります。

スーパーで一万円を出すときに「これが3000枚なくては困る」と思うとなかなか使えずに結果として特価品を逃したり、

あまりにこまごまと硬貨を貯めすぎると「ああ、重たいうえに、ものすごーく嫌な顔されて使いにくいからなあ」などです。

しかしながら、これならとにかく節約できます。