買わない方が良いもの、それは水

 水は毎日色々な用途に使っています。手を洗ったり歯磨きをしたり、入浴したり飲んだり、本当に色々です。日本の水道水は飲んでも安全だと言われているにも拘わらずボトル入りの飲み水を買っている人はかなり多いです。

私も今までそうでした。でもこの前ネットの記事で「買わない方が良いもの」のリストの中に「ボトル入りの水」というのを目にしました。一本の水は他の味付き飲料よりは安いですが、それでも一本百円以上することがほとんどです。

それを何本も買い続けることによりかなりの出費になります。水道水を直接飲んだり料理に使ったりすることに抵抗がある場合は浄水器を買ったり付けたりする、或いは沸騰させてから冷まして使う、などの方法があります。そうすることにより毎日飲む水にかけるお金を節約することができます。

今はボタンを押すだけで水を短時間で沸騰させることができるものも当たり前のようにどの家庭にもあったりしますし、キッチンで沸騰させることもできます。浄水器が付いている住宅も多いと思います。

恐らく日本人はやや潔癖ぎみな傾向があるため、なんとなくボトル入りのミネラルウォーターを買ってしまうのではないかと思います。私もその中の一人でした。

 水にかけるお金を節約することにより、ボトル入りの水を置くスペースもそれにかけるお金もセーブできて生活もスッキリしました。生活はスッキリ、お財布の中はホックリが良いですね。