家計の管理から解放されました

長年、主婦としてひとりで家計を管理していました。

この方法のよくないところは、「家計が大変でも、なんとか一人でやりくりしようとしてしまう」ということです。

お金が足りないときでも、家族は容赦なく「小遣いがない」「遊びにいきたい」「買ってほしいものがある」と言ってきます。さらに冠婚葬祭も飛び込んできます。お金のことで喧嘩をしたくないから、いつも暗い気持ちになってもそれを誰にも話さず頑張ってきました。

しかし、いろいろあって、2ヶ月ほど前から、夫に家計の管理を任せました。

支払いなどをお使いで頼まれることはありますが、基本的には、何も関与しません。私もお小遣いをもらい、その範囲で生活しています。

たったそれだけですごく気が楽になりました。信じられないほどです。

ただ今度は夫がストレスに悩まされているようです。節約、支払い、貯金、カードの支払いなど考えることは山のようにありますから当然です。夫から見て「無駄遣い」と思えることがあると、非常にいらいらするようです。二日ほど前に「節約する気がなさすぎる」とのことでお叱りを受け、それ以来二日ほど口をきいてもらえません。それほどストレスがかかる節約や貯金、今まで丸投げだったのにな、と複雑な気持ちです。でも、そのくらい、節約って、大変ですよね。